スポーツベッティングの広告手段になるソーシャルメディア

人気No.1オンカジサイト「ベラジョン」を徹底レビュー!

今日では、誰もがスマートフォンを持っており、また日本ではスポーツベッティングが合法化されているため、スポーツファンがSNSを重要なリソースとして利用するのは当然のことでしょう。

カジノ、スポーツブック、アプリでのチャンスを活かそうとする様々なオンラインメディア企業にとって、SNS(ソーシャルメディア)というプラットフォームは、儲けに繫がる可能性を秘めた興味深い広告手段なのです。

しかし、多くのスポーツベッターにとってSNSの真の価値とは、様々な種類の関連コンテンツに簡単にアクセスでき、スポーツベッティング・コミュニティとのつながりを持つことにあります。この点において、SNSは専門性を高めるための素晴らしいツールとなるでしょう。

ここでは、今、最も人気のある3つのSNSプラットフォームをご紹介し、それらが常連スポーツベッターにとってどんなふうに役に立ち、どんなことに役立たないかについて詳しくご説明します。

Twitter

大人気SNSであるTwitterでは、リアルタイムのコメント、動画、そして大量のインターネット・ミームはもちろんのこと、エンターテイメント、ひらめき、そして何よりも重要なコンテンツを提供してくれます。Twitterであれば、スポーツベッターはラインを追加購入したり、アナリティクスを利用したり、より大きなスポーツベッティングコミュニティの一員であることを実感したりすることができます。

さらに面白いのは、投稿者が独自のピックやアドバイス、予想をツイートするため、意見には事欠かないという点です。ただし、Twitterには文字数に制限があるので注意が必要です。

Instagram

Instagramは、勝利の魅力や成功者のライフスタイルを重視する、よりカジュアルなベッターたちに人気があります。Instagramには、他のSNSよりも有名人の写真や動画が数多く投稿されており、貴重な情報を得るためには課金するように設計された無料のピックが提供されています。また、コメントやミームを楽しむこともでき、エンターテインメント性に富んでいます。

ただし、Instagramをスポーツベッティングのツールとして使う際の大きな注意点は、ほとんどのアカウントの分析はほぼ信用できない点です。なので、Instagramで見つけたベッティングアドバイスについては、半信半疑の気持ちで聞いておきましょう。

Facebook

Facebookにはピック、ファングループ、分析などの機能がほとんどなく、スポーツベッターにとって理想的なメディアとは言えません。Facebookは主に、スポーツベッティングが合法化されている州の成人をターゲットにした広告プラットフォームとして機能しています。

興味深いことに、近い将来、これまで違法だったベッティングを合法にするため、Facebook広告が重要な媒体になるのではないかと専門家は予測しています。

さらに、一部の専門家によると、Facebookがわざわざスポーツベッティングのためのプラットフォームを作るかもしれないと考えています。同社は2012年に英国で同様の事業を試みましたが、結果的には失敗に終わりました。しかしFacebookには、ベッティング・プラットフォームに力を入れるだけのインフラとユーザー基盤がありますので、まだ希望はあるといえるでしょう。

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.