TOKYO AUTO SALON 2016レポート①

カスタムカー 1月 15, 2016 No Comments


1月15日より3日間開催されていたカスタムカーの祭典TOKYO AUTO SALON 2016のレポートその1!



1月15日〜17日までの3日間に渡り、幕張メッセで世界最大のカスタムカーの展覧会TOKYO AUTO SALON 2016が開催された。
パーツメーカーはもちろん、車メーカーやタイヤメーカーなども出展、大盛り上がりの3日間となった。
会場の中には国産セダン、インポート、SUVなどなど度肝を抜くカスタムカーがズラリ。
souljapan.jpももちろん取材に行ってきた。
各部門ごとのレポートはまた順次アップするとして、今回はとりあえず会場の雰囲気をお伝えしよう。


セダン、インポート、スーパーカー、ワゴン、軽などなどズラリと並ぶ



AMEやAGT、SHALLENなどのブランドを取り扱うkyoho-corporationには村内孝志の姿が。同社が仕上げたBMW 6 grancoupeの前で



同じくkyohoブースから。上2段は新作ホイールで、今主流となっているconcave(凹)デザイン。リムが浅い分、concaveで立体感が出る。



ブースでは昨年末出したばかりのDRIVINGMIXを即売。長きに渡り音楽プロデュースをしてきた村内孝志の鉄板ドライビングCDだ。



今年、初の展示を行った群馬のFirstclassの荒木俊介。CanDo JapanのフルキットでドレスアップしたLS460の前で



もはやおなじみとも言えるD.A.DのSL600。スワロフスキー30万個使用!



K-BREAKのブースには日本の国旗をイメージさせるクラウン



半端じゃないリフトアップ。モンスター軽トラ



Boom Craftのブースには世界に一台のルシアンペラフィネ公認のアベンタドールロードスター

気に入ったらSNSにシェアしてください!




編集部