男道 〜黒石高大が男を見る映画と本〜 第五回

コラム 6月 06, 2017 No Comments

『くろ、大丈夫?』

心配そうに俺の顔覗き込む友だち達の顔が忘れられない。

人の為に身体張るってのが美しいと思う。

出来そうで出来ない

怖いじゃん

自分かわいいじゃん

俺も散々誰のために、何のためにって身体いーっぱいかけてきたよ

映画みたいにいかなかったなー

痛い思いいーっぱいして

カッコ悪かったなー(笑)

 

 
俺さ、今『ウォーキングデッド』に激ハマりしてる

みんな観た?

ゾンビに追われるスリルとか人間模様とか

魅力ある部分は多いんだけど

たまに見える男道がメチャクチャかっこいい

シーズン1で俺のお気に入りのエピソードがあってさ

4話目なんだけど

主人公の仲間のグレンが他の生き残りのグループに攫われて

その時主人公リックの息子に他の仲間が言うんだよね。

『君のパパは保安官だ

誰かを助けてる

強くて根性がある

会ったばかりだけどわかるんだ

そうだろ』

いやっ男にこー思われる為に

こー言われる為に

男道歩いてるんだよね

チャンネーに惚れられるより

チャンニーに惚れられるほーが難しいんだよね。

 

 

さらに武器をよこして退散するように要求して来た相手に対して

仲間内では反対があるんだけど

『彼は命の恩人だ

赤の他人のオレを

見捨てずに助け出してくれた

次はオレの番だ』

のリックのセリフ

カッコいい

ジャパニーズ義理人情じゃん

そこじゃん

損得勘定でソロバン弾くより

義理人情で捨て身

カッコいいじゃん

人の為に身体張るってのが好きなんだよね

 

 
オレがいつも男は強くあれ

優しくあれ

って言うのは

弱きゃ身体かけて自分が食われる

もしくは

仲間を見捨てて逃げる

の選択肢しかないけど

強いなら

余裕があるから

人に優しくできる

相手を食うも食わないも自分次第

なら

強くて食わないを選択できる

優しい男でいたいじゃん

 

 
今回さぁ

本当は違う作品書こうかと思ってたんだけど

今ウォーキングデッドに激ハマりしてるから

皆に見てほしくてさぁ(笑)

 

 

メチャメチャカッコいい

男って強くて優しくなきゃ

チャンネーのが肝座ってるし強いし

男が弱きゃ

男が男でいる意味なくなっちゃうじゃん

だから

日々オレは男だから

って自分にムチ打って

オレなりのカッコいい男道探してるんだよね

 

 

1から見るほーが面白いけど

4が1番シーズンワンの中でカッコいい男描かれてるから

見てほしい

自分なりの男道さがしてほしい

絶対にあるから

一緒に歩きましょう

男道

男にうまれたんだから

 

 

2010年にスタートしたアメリカの超人気テレビドラマ。現在はシリーズ7まで放送されている。
ゾンビが蔓延る現代のアメリカを舞台に、保安官リックを中心とする生存者たちが安住の地を求めてサバイバルしていく。

 

ウォーキングデッドに登場しそうな出で立ちだが、写真は『グレイゾーン』(オールインエンターテイメント)より。発売したばかりの新作なのでこちらも是非!

 

 

気に入ったらSNSにシェアしてください!




SOUL Japan editorial dept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です