本城海斗の気まぐれポックン日記 〜新しい法律〜

コラム 1月 10, 2017 No Comments

どーも

 

 
一度抜いた刀はテメーの血を吸うまでは鞘には収められねーんだよ

 

 

が口癖のポックンです。

 

 

まぁ、簡単に言えば
セックスしようと誘いこんだ女が
土壇場で拒否ってきた時に使う言葉ですね。

 

 

普通のジェントルマン風の男は
土壇場で女が拒否ってきたら
嫌われたくないし
また次に繋げたいので
その場は我慢するのではないでしょうか?

 
そもそも、それが間違いなのです。

 

 

一度そーなったら次はございません。

 

逃がしたら終わり。

 

なので強硬突破で
まずは自分のパンツを下ろしましょう。

 

 

ヴロローン
と、音が出る位に
潔く刀をだしましょう!!

 
そこで、あの一言!!!!

 

 
ぶ、武士やっ
この人武士やん

 

と、女に思わせたら勝ちです。
そもそも最初から武士に逆らった奴が悪いのです。

 

昔の土佐なら殺されてますね。

 

そして驚くべき朗報がございます!

 

最近テレビではカジノ法案ばかりやってますが

 

 

その影で新しい法律が決まったのを皆さんご存知でしょうか?

『俺の家治外法権』

 

とゆう法律が定まりました!

 

これは持ち家や借り家の
名義人がその室内でのルールを決めていいのです。

 

国なんです!

 

だからポックンの家は
玄関で
全裸かブルマかスクール水着に
着替えなければ監禁します。

 

逃げようとしたら撃ちます!

 

そもそも
男と二人で会って
拒否る女が悪いのです!!!

 

と、本田パイセンからは教わりました。

 

 

家に来た時点で好意はあるんだから
強引にやっても大丈夫なのさ

 

と、中澤パイセンから教わりました。

 

 

ポックンはそんなパイセン達が
大嫌いです。

 

女性には、優しくしなきゃいけないし
弱い立場の人間は守らないといけないと思います。
セックスしなくても
一緒に入れるだけで楽しいし
幸せだし。

 

 

だからそんな事を言う
パイセンが嫌いです。

 

アディオス

 

 

 

※本城海斗のコラム、新年一発目は年明けにふさわしい切れ味でしたね。

最初飛ばしておきながら最後の最後で人のせいにするところも彼らしいです。

今年も快調に飛ばすだろう本城海斗、今年もよろしくお願い致します。

気に入ったらSNSにシェアしてください!




SOUL Japan editorial dept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です