RAIZEN、そして池袋の仲間たちで立ち上げた HUMANMUSICのアンテナSHOP『nodus』

ファッション 4月 14, 2016 No Comments


ラッパーとして活躍するRAIZENがフロントに立ち、昨年11月にオープンしたストリートカルチャー満載のセレクトショップ『nodus(ノーダス)』を紹介!






池袋からほど近い豊島区南長崎に昨年11月にオープンしたHUMANMUSICのアンテナショップ『nodus(ノーダス)』。

ラテン語のスラングで「絆」を意味する店名の通り、店内の至る所に並ぶ商品は、HUMANMUSICアーティストの作品や全国各地の『nodus=絆、繋がり』のある仲間たちのアイテムばかり。

そんなストリート感あふれるこだわりの取扱いブランドをいくつか紹介!


ズラリと並ぶTシャツやパーカーなどストリート必須のウェア



同じく一員であり、知る人ぞ知る地下格闘家の泰平亮輔が持つのは、兵庫の井上宗が手掛けるスケートブランド「ENiGM@(エニグマ)」のTシャツ



こちらは川越のプロスノーボーダーであるYuki Fukazawaのブランド「BROWN RATS(ブラウンラッツ)」



シルクスクリーンでロゴプリントされた「GRMLNS」の1点物キッズパーカー!



他にもHMのロゴが洒落てる「HUMANMUSIC」のベースボールキャップやTattooist×Surferが福生で出会いそこから生まれたブランド「DPRIME(ディープライム)」などもカラー、サイズ豊富に取扱う



アパレルアイテム以外にも、RAIZENをはじめとする所属アーティストや全国各地の親交ある仲間たちの音源も多数



そして、ストリートカルチャーといえばこちらも。東京を代表する地下格闘技「飛車角」のDVDも貴重な第1回大会から全巻取り揃えている。
硬派なロゴが激シブの飛車角道場Tシャツも取り扱いあり。



店内の至る所にディスプレイされるグラフィティアートも購入可能。値段はASK!

気に入ったらSNSにシェアしてください!




編集部3