益荒男 第十三陣 白熱の試合レポート

格闘技 4月 26, 2016 No Comments



中量級に位置付けられる75㎏級。65-70王者・泰斗の兄であるBeeyan、宴を代表するグラップラー・和茂の2名が一回戦を勝ち抜くも負傷欠場で準決勝を闘えない事態に。
「今大会MVPの篠原アンジェロは要注目です。柔術の使い手で極め技が非常に強い。次回、決勝で当たる平澤選手がどこまで肉迫できるか楽しみな一戦です。」(中澤)


今大会MVPの柔術ファイター・篠原アンジェロ。華麗なバックチョークで瞬殺劇を見せた。



東北連合の平澤がもう一ブロックを勝ち上がった。打倒極に優れるオールラウンダーは次戦、篠原の柔術にどう対抗するか。





KO必至、問答無用の破壊力が魅力の無差別級トーナメントも激戦が続いた。巌流島にも参戦し注目度を高めている中島大志を破った東北連合の開米は鬼神の如き強さで決勝を勝ち上がり、中澤代表率いる「戦-IKUSA-」のやすおは一度負けている雄一にリベンジを果たし決勝進出。
「長年地下格戦線のトップにいる開米選手に対して、やすおが次戦どこまで食い下がれるか。このトーナメントで見せた成長を11月までにさらに伸ばしてくれると期待しています。」(中澤)


一回戦ではライバルと目されていた佐藤を秒殺、準決勝では一度負けている雄一にリベンジを果たし堂々の決勝進出を決めたやすお。中澤代表の期待に応えた。



隙のない強さで勝ち上がった開米智樹。長身を生かした得意の膝が冴え渡った。








ファン投票1位はおなじみSENA

気に入ったらSNSにシェアしてください!




長谷英史

戦うカメラマン。たまにキックボクシングの試合に出てます。