オススメVシネ最新作DVDリリース vo.2

ソウルジャパンモデル 10月 09, 2015 No Comments





毎月注目のVシネ作品を紹介していくシリーズの第二回目。

今月編集部がオススメしたいのはやはり極道モノだ。

『日本やくざ抗争史 殺しの軍団 第一章』
『関東極道連合会 第5章』

の2本で迫力ある抗争シーンはまさに見物。大物俳優たちの凄みのある演技力にも注目したい見所たっぷりの2本と言えるだろう。

そして、ソウルジャパンでもお馴染み旧車會のスター・本田広登も両作品に出演中なのでその活躍も見逃すべからず!!

以下、注目の内容を少しだけ紹介☆




昭和30年頃。九州極道社会で頭角を現した林田義一(小沢仁志)は、岸田裕一郎(小沢和義)ら仲間とともに大阪に拠点を移し林田一派を結成する。大阪でしのぎを削るなかで、黒西会と抗争が始まる。それは、のちに林田一派が“殺しの軍団”と呼ばれ恐れられた、たった8人で100人の組員がいる黒西会への殴りこみのきっかけとなるのだった。





バブルで賑わう銀座の一角で、抗争は静かに幕を開けた――。西の巨大勢力・山富士組の侵略を阻止すべく大連立した関東極道連合会にて銀座に組を構える本吉会林田組々長・林田(千原せいじ)。団結すべきはずの連合会の中で国士会二代目会長・藤堂(小沢和義)の裏切りが発覚、林田のシマである銀座は山富士組の侵略を受ける事となる。これにより、裏切り、報復、襲撃の連鎖による組員同士の命(タマ)の殺合(とりあ)いが勃発。東京一の繁華街を舞台に、無数の死者を出す東西大戦争へと発展するのであった。








気に入ったらSNSにシェアしてください!




編集部2