DJ ACE tripping the world 〜IBIZA/Barcelona〜

ソウルジャパンモデル 11月 25, 2015 No Comments


DJ ACE先日旅した四つ打ちの聖地IBIZAの体験記



創刊以前よりDJとして、ブランドプロデューサーとしてシーンを牽引し確固たる地位を築いてきたDJ ACE。
ルックスとセンス、そして人としての魅力を兼ね備えた稀な存在だ。
もちろん現在も自身のブランドRebeL、そしてDJ ACE/ACE1(※EDM名義)としても精力的に活動しているけど、
そんな彼が来年には本格的に海外に拠点を移す事を視野に入れているという。
いわく「元々海外志向が強かった」んだとか。
これが決まれば文字通り“日本の魂”を背負って海を渡ることになりどんな活躍をしてくれるのか大いに興味がわくところだけど、それはまだちょっと先の話。
今回は、その序章というには早いかもしれないが、先日旅行で行ったというパーティーピーポーの聖地イビサ〜バルセロナの話を聞いてきた。
いつかイビサ行きたいと思ってるパーティーピーポーたちもどうぞ参考にしてみてください。


IBIZAはサンセットもキレイで有名。コレ見て晩飯食ってクラブ行くのが定番コースだ



ーどんなきっかけで今回イビサに行く事になったんですか。
遅すぎとは思うんですけど、DJとして見ておきたいってのは前からあったんですよ。
今回は友達がちょうどヨーロッパにいたからタイミング合わせて現地で合流する事にして

ー友達とイビサで待ち合わせってけっこうアガりそうですね
それがロストバゲージ(※航空会社に預けた荷物が紛失する事)にあってテンションは最高潮ではなかった(笑)。だから現地着いた感動って言うより「荷物がない」っていうせつない感じです(笑)

ーやっぱりそういうことあるんですね
実はドタンバで行く事にしたから、トランジット(※乗り換え)が多いチケットしかなくて。トランジットって最低2時間はとるんですけど、アムス(※アムステルダム)で乗り換えしたとき、飛行機遅れてギリギリになっちゃったんですよ。そういう時ってロストバゲージするんで予想はしてたんですけど

ー(笑)そういえばインスタにIBIZAのTシャツ着てるの写ってましたね
服がないんで(笑)。仕方ないから買いました、土産屋で。ああいうのしか売ってなくて(笑)。自分も服やってるんで、旅行行ってそこの地名が書いてあるTシャツ買うことなんてないじゃないですか。まあそれはそれでいい経験っていうか


いきなりのトラブルでIBIZAティーシャツを着るという事態にw





ー毎日クラブ行ってたんですか
5日くらいいたんですけど、1日だけ行かなかったですね。疲れますよね(笑)

ーそれはそうですよね(笑)。クラブはどこに行ったんですか?
有名なところだとPachaとAmnesiaとUshuaiaとSpaceには行きました。

ー日本とじゃ規模全然違うでしょうね
違いますね。フロアがいっぱいあるとこもあって、メインフロアだと思っていたところが全然メインじゃなかったり(笑)。そういうのがざらにありますからね

ー中でも楽しかったのは
個人的にはUshuaia。プールパーティなんですよ。野外が気持ちよかっただけかもしれないですけど。




スティーブアオキのイベント会場。熱気が伝わる



二度と会えないと思っていたカバンと三日目に再会。RebeLでクラビング!



イビサのシーズンは6月〜9月。彼が行ったのは9月末だったのでクロージングするハコもあったものの、それでも大いに盛り上がっていたのは写真で見れば分かる通り。やはり四つ打ち好きなら絶対行きたいところ。
ちなみにイビサの後、バルセロナに滞在。ガウディの建造物などを見て回りその繊細さに大いに感銘を受けたようだ。世界を視野に活動するACEの活動は色々なモノを吸収して大きく広がって行くのだろう。

気に入ったらSNSにシェアしてください!




編集部