『BEHIND MY SCARS』リリース記念! 武井勇輝×唐澤有弥対談!! 〜前編〜

ソウルジャパンモデル 11月 14, 2016 No Comments

先日リリースされたばかりのアルバム『BEHIND MY SCARS』が前アルバム『I’M HOME』に引き続き絶好調の武井勇輝。

SOUL Japanを知っている人なら彼を知らない人はいないだろう。今回はこのリリースを記念して収録曲『God makes me strong』でFEATUREした唐澤有弥を招き対談してもらった。

“渋谷の兄貴”と呼ばれ、音楽活動はもちろんTV出演など幅広い活動をしている唐澤。

意外かもしれないが2人の共通項は多い。

なかなか聞けない話も飛び出すこの貴重な対談。

是非一読して欲しい!

dsc_0032

意外なようでそうではない二人の関係と「God makes me strong」に込められた想い

 

武井勇輝(以下 武):有弥と初めてちゃんと飲んだのもここ(取材場所となった渋谷センター街の『喰べ物や 花子っ子』)だったよな。

唐澤有弥(以下 唐):しかもちょうどこの席っスすね(笑)。初めて会ったのも渋谷だったし。

:オレが渋谷でやってたBARのオープニングに来てくれたんだっけ?

:そうっス、武井君クソ酔っ払ってて。自分のBARを初日で壊すんじゃないかって勢いだったから、最初とんでもない人だ! ってビビりましたね(笑)。ザ・凶器みたいな人かなって思ったんスけど、実際話してみるとめっちゃフランクで。

:懐かしいな(笑)。異色のコラボに見えるかもしれないけど「一緒にやろう」ってのは実は前から言ってて。俺が誘ったんだよな。

:バイブスっていうか。今回、たまたま地下格闘技の会場とかで3日間くらい一緒にいた時があって、音楽の話とかは特にしてなかったけど自然にそういう流れになって。

:曲も良い出来だしアルバムの曲順も2番に持ってきたね。

:PVもかなりカッコよく仕上がってないすか?

:だよな?

:ガチでけっこう好評なんすよ、自分の周りでも。

:俺、フィーチャリングやる時は基本相手まかせで。声かけて一緒にやるって決まったら何個かトラック送って「やりたいトラックでとりあえずワンバース書いてくれませんか?」って書いてもらって、それに合わせて俺が書くスタイルなんだよ。

:今回自分はすぐ書けましたね。すっと出て来たっていうか。実はタイミングなんですけど、ものすごくお世話になってたSHIN3が急に亡くなって…ぶっちゃけけっこ……けっこうどころじゃなくてムチャクチャ落ちてた時期だったんですよ。

:ああ、有弥めっちゃ可愛がられたもんな。

:武井君ともここで一緒に飲んだこともあったっスよね。だから突然亡くなってめっちゃショック受けてた時期で…でもリリック、全部が全部SHIN3のこと書くのもなんか違う気がして。RIPを売り物にしたくないから。

:そっからあのテーマが出てきたの?

:そうっスね。武井くんから送られてきたトラックが、自分がその時考えてることとすげえマッチしたっていうか。男って強がってるけど本当は弱いとこあって。でもやるしかなくって……っていうような。SHIN3の口グセ、「勝ちに行く」だったんで。いつも俺にも「絶対勝てよ」って言ってくれてたな……って思い出してたら「高く飛べ」って言葉が出てきたんスよ。

:アレ、すげえよかったよ。

:そこって武井君のバイブスとも似てて。

:俺いつも1位獲ろうと思ってるから。

 

後編「“渋谷の兄貴”リスペクトする武井のバイブス」に続く

 

武井勇輝2ndアルバム『BEHIND MY SCARS』発売中!!

前作『I’M HOME』も熱も冷めやらぬ中、先日2ndアルバム『BEHIND MY SCARS』がリリースされた。リリースされた直後iTunesのHIPHOPアルバムランキングで1位を獲得するなどその勢いはとどまることを知らない。今回対談相手となったfeat.唐澤有弥の「GOD MAKE ME STRONG」は2曲目に収録されている。現在はアルバム収録曲のほとんどが1曲ずつ買えるので是非チェックして欲しい。

%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%83%e3%81%91

・iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1164581627?at=10l7qr&app=itunes&ls=1

・レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1005479191/

■武井勇輝PROFILE

過激な中学生活を送りそのまま暴走族へ。十代目川口連合総長として暴走した後、総合格闘技に影響を受け格闘技の世界に。「THE OUTSIDER」などで試合をしつつ、格闘技GYM『HIT』を創設。雑誌SOUL Japanではモデルをこなし、また自身でもアパレルブランド『CORVO』を展開する。現在は主にラッパーとして精力的に活動。2015年12月に発売された『TO YOU』がまさにクリティカルヒットし、続く2016年1月に発売されたアルバム『I’m HOME』はiTunes HIPHOP/RAPアルバムランキングで1位を獲得した。さらに2016年7月に書き下ろし小説『ジャパヤン』(ミリオン出版)が発売。マルチな才能を見せている。

・武井勇輝ツイッター

https://twitter.com/takei_corvo

・武井勇輝インスタ

https://www.instagram.com/takeiyuuki/?hl=ja

・武井勇輝公式スタンプはこちら!

http://line.me/S/sticker/1269893

http://line.me/S/sticker/1273965

 

唐澤有弥PROFILE

多感な時期を気の合う仲間達と音楽に囲まれ渋谷のストリートで過ごす。2006年東京渋谷を中心にLIVE活動をスタート彼のメッセージは若者だけではなく広い年齢層の心をつかみ、最初は1人ぐらいしかいないお客さんから多くのファンを抱えていくように。LIVEの盛り上がりは回を重ねるごとに高まり、今では同世代のアーティストと一線を画すようになった。日本の伝統アニメ【メタルファイトベイブレード】のEDを2年連続担当、2012年には日本テレビ・日曜放送【新人アナの日進月歩】に出演しアナウンサーの山本紘之、徳島えりかをFeatに迎えてのコラボ楽曲『上を向いて笑ってWe Go!』を全国リリース、主題歌を担当した。20131月に自らが代表を務めるYK RECORDSを設立。同年4月には西森英行さん演出、島谷ひとみさん、鈴木ちなみさん出演の舞台『ディスワンダーランド』のRap指導を担当。また同年5月に初となる1st Degital SingleThis Is My Home』を配信 iTuneshiphop/rapチャート初登場4位を獲得。さらに同年12/20配信の『S,It’s alright』ではiTunes HIPHOP/Rapチャートで初登場2位を取得した。201465日配信の『カマコレ feat.マイケル』では配信開始1時間で1位を獲得、同年12月に配信された『この街万歳』ではDJ YUTAKAからトラック提供を受けiTunes HIPHOP/Rapチャートで初登場2位に。20151月から放送中BS朝日渋谷の情報番組【アメシブ~ギリギリランキング】でレギュラー出演している他、様々な番組からオファーを受け出演している。

・唐澤有弥ツイッター

https://twitter.com/YuyaKarasawa

・唐澤有弥インスタ

https://www.instagram.com/yuyakarasawa/?hl=ja

 

12月23日リリースパーティ開催決定!

来る今年の12月23日渋谷パセラグランデにてリリースパーティが開催決定!

詳細はまた決まり次第お伝えします!

フライヤーは以下!

%e3%82%8a%e3%82%8a%e3%81%af%e3%82%9a

気に入ったらSNSにシェアしてください!




SOUL Japan editorial dept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です