2016年、俺のまとめ 〜マイケル編〜

ソウルジャパンモデル 12月 31, 2016 No Comments

プロのキックボクサーとしてリングに立つマイケル。

今年はタイトルマッチにも挑戦するほど活躍したが、実は昨年の11月に大きな事故にあっている。

同乗者が亡くなり、本人も格闘技ができなくなるかもしれないほどのダメージを負う大事故だ。

それゆえ、2016年の目標は「試合復帰」であり、その目標は達成。

事故から約5ヶ月ぶりに練習再開、筋肉も体力も技術も事故前から大きく落ちていたが、その練習再開から3ヶ月でリングに立つ事が出来たのだ。

そんな彼にとっては2016年は特別な年になったに違いない。

ここで改めて今年を振り返ってもらった。

 

○2016年、一番嬉しかったことは?

復帰戦は丁度一年前、交通事故に遭う前に試合で倒した相手でした。

事故前より弱くなってしまったんじゃないかという不安、一度倒した相手に倒されたくないって思う意地もあり、色んなプレッシャーがありましたが、リングにたてて戦う事が出来たことが嬉しかったです。

そして1Rでダウンもとることが出来ました!

もう一つ、その次の試合でタイトルマッチを組ませてもらえて初めて親が試合を見に行くと言ってくれた事が嬉しかったです。

腹立ったことある?

練習復帰直後は体力もなく、激しく動くと体が痛くて思うように動かない自分の体に腹立ちました。

笑ったことは?

復帰戦で沢山の仲間におめでとうってお祝いしてもらい、たくさん笑わせてもらいました。

やってやったぜってことは?

タイトルマッチの時に試合のポスターで自分より有名な選手より自分のが大きく載ってたこと!

悔しかったこと教えて

タイトルマッチで判定で負けてしまった事。

沢山の仲間、親が見に来てくれた目の前でベルトを巻くことが出来なかった事。

 

 

来年の目標は当然リベンジ、そしてベルトの獲得。

死線を越えて復活を果たした彼はまた来年その目標を現実のモノにするだろう。

https://twitter.com/Michael_Flysky

気に入ったらSNSにシェアしてください!




SOUL Japan editorial dept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です