亜野芽の名言が心に刺さる!

ソウルシスターモデル 8月 27, 2015 No Comments


ツイッターで日々つぶやかれる立花亜野芽の名言まとめ



18歳でボストンバッグ1つ持って上京し、三谷の宿でしばらく暮らしながらもクラブに通い、ダンサーとして自分を売り込んだ。
19歳でモデルになりたくても身長が足りず、自ら髪を刈って坊主にしてメディアデビュー、業界を驚かせた。
100人切りを公言して世間を賑わせ、各メディアに引っ張りだこに。
と、同時にダンサーだけではなくDJとしても活躍の場を広げ、今やGIRLS DJとしてのブッキングの数は国内で右に出る人は今や少ない。

そんな亜野芽だから言える言葉の数々、まとめてみた



















気に入ったらSNSにシェアしてください!




編集部