TATTOO GALS Vol.5 松井愛 後編

刺青/TATTOO 10月 03, 2016 No Comments

TATTOO/刺青が入った女性を美しく撮る人気連載『TATTOO GALS』。

今回登場してもらったのは松井愛さん。

エキゾチックな顔立ちに太鼓から袖五分、そして背中一面という見事な和彫りが決まってる。

2児の母であり、コスプレイヤーであり、K-CARスペシャルの表紙を飾ったこともあるタントのオーナーでもありと様々な顔を持っているパワフルな女性だ。

その刺青に対する情熱を語ってもらったので今回特別にインタビュー形式でお送りする。

img_2064

ーー最初に入れたのはいつですか?

ファーストタトゥーは結婚した18歳の時に入れた鳳凰です。旦那の仕事を手伝うことになったんですが、仕事の関係上指輪が出来ないので代わりに何か残したくて入れました。既にお腹に子供が居て、生まれ年が酉だった事と旦那とお互い羽根のある生き物が好きということで一致して、生涯永遠に側に居ると決めた証明をお互いにお揃いで入れました。幼い頃から一人ぼっちだった私に家族が出来た絆でもあります。でも産まれてからっていう選択肢がなかったのが、若かったと反省もしてますが(笑)

ーーその次は?

次は背中の慈母観音菩薩です。これは若い時になりますが小さな命を大事にできなかったという過去があって。子供が産まれた後も忘れずにいましたが、こんな私を母親にしてくれた感謝と愛を知らずに育った私が強い母で居られるようにという気持ち、そして供養の念に、と考えてたところ梵天太郎さんの慈母観音菩薩のカラーの絵に出会って心を打たれたんです。それを彫師さんのオリジナルで描いてもらいました。これで一生忘れることはないですからね。

ーーその後が左の虎ですね

左右のバランスを考えたのもありました。下の子に恵まれもちろん干支をと思ってたんですが、普通の寅にはしたくなくて人とかぶりたくなかったんです。私も寅年なので特別な虎を調べていたら、中国に“虎に翼”ということわざがあってそれを描いてもらいました。ただ羽根を付けただけでは嫌だったので動きもかなりこだわってる絵に仕上りました。どの作品も大満足で、それぞれに特別な意味も込めてあって、刺青は究極の装飾だと思います。

img_1581

img_1870 img_1871

img_1774

ーー刺青が入っていることで何か苦労はありますか?

たくさんある趣味特技の中にコスプレがあるんですが、肌見えるキャラクターが演じれないくて肌色のサポートテープを貼って隠さなきゃいけないのが悩みですね(笑)。今はTATTOO隠し専用の薄いテープがあるから目立ちにくくなりましたけど。

ーーコスプレしづらいは意外な答えでした(笑)

最初のきっかけは旦那が突然やってみたいと言い出したからで、今では子供達も一緒に共通のキャラクターを演じちゃうくらいです。基本、私か旦那が「やろう!!」って言い出したらとことんって感じになる所があるみたいで。そんなこだわり屋な夫婦なのでコスプレもクオリティを追求しててキャラはキャラとしていたい! と思ってるんです。刺青を活かす工夫するんですが、ノースリーブや肩、背中出しするキャラクターはやはり選べません(笑)

ーー今後も増やす予定は?

今は入れたいモノとかアイデアもないのですが、いずれ足も五分までいきたいと思ってます。中途半端は嫌だし、男に負けたくない思いもあります。自己満の世界観になっちゃうんですけど。

ーーとにかく何事もとことんなんですね

そうなんです。車もコスプレもクオリティ高いので次はそっちもお願いします(笑)

 

以上、松井愛さんのインタビューでした。

そしてこだわりハンパない彼女はそのハンパないタントで各地のカスタムカーイベントに参戦予定!

その予定を教えてもらったので興味ある人は足を運んでみよう!

10/9 第8回D-up Carnival 滋賀県 奥伊吹スキー場

10/16 StanceNationJapan G Edition 2016 inお台場

10/23 INNOVATION CUP 2016  山梨県 ふじてんスノーリゾート

10/30 KING OF K-CAR vol.10&K-STYLE CUP vol.3 岡山県 岡山国際サーキット

11/6 第51回D.S.U杯 東西王座決勝 愛知県 ポートメッセなごや

ちなみにカスタムカーイベントに精力的に参加してる松井愛さんのFACEBOOKはこちら!

 

 

 

モデル募集!

このコーナーでは写真を撮らせていただける女性を募集しています。

一生の思い出にプロのカメラマンに撮ってもらいませんか?

興味のある方は名前、年齢、TATTOOの分かる写真を添付して以下までメールくださいませ。

info@souljapan.jp

気に入ったらSNSにシェアしてください!





SOUL Japan editorial dept

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です